Solaris での BackSpace キーの動作

Solarisのターミナルにおいて、BackSpaceキーがうまく効かないときの設定
MacからSSHでログインした際に非常に不便でしたので、以前に設定したものを忘れないうちに書いておきます。

sttyコマンドを使用します。

$ stty [制御機能] [キー] 


ターミナルの設定などを表示させたり、キーのリマッピングをするコマンドのようです。
[制御機能]は今回の場合は"erase"を使います。
他にもいろいろあるようなので、Google先生に聞くといいはず

自分の場合は以下のようになりました。

$ stty erase ^?

[キー]の部分は削除を割り当てたいものを設定してください。

そして、この設定は再起動すると無効になってしまうので、
シェルの設定ファイルとか.loginとかに書いておくとよいです。

コメント

このブログの人気の投稿

Android で MIME Type 判別

Erlang & Elixir Fest 2019 に参加してきた

Java の 自作クラス を 配列 化する時の注意点