投稿

4月, 2014の投稿を表示しています

2014版 VAIO Pro (SVP1322A1J) で Arch Linux と Windows 8.1 を デュアルブートする

イメージ
VAIO Pro 13インチを買いました。
こいつです


初めてのWindows8.1です。
そして、ひとしきり楽しんだ後はやっぱりLinuxを入れたいですね。
そんなときはArch Linuxがおすすめです。

しかし、VAIO ProにArch、もといLinuxを入れるのはなかなか手こずるようで
自分も苦労しました。
なので、メモ書きとして残しておきます。
さて、まずはWindowsを普通に起動してパーティションの縮小です。 自分はWindows 100GB, Arch 100GBくらいにしました。

この時に、高速スタートアップを無効にしておきます。
これをしておかないとインストールはできますがインストール後に一度Windowsを起動するとArchもWindowsも起動できなくなってしまいます。
場所は、コントロールパネル→電源オプション→カバーを閉じた時の動作の選択(左側)→シャットダウン設定の中にあります。
ここでチェックボックスのチェックを外しておきましょう。

基本的にはInstallation Guide (日本語)を参考に進めていきます。
インストール用のUSBインストールディスクを作ります。
isoからddコマンドとかで普通に作れば問題ないです。

そして、BIOS設定で
AT Support System: disabled
Secure Boot: disabled
External Media: enabled
に変更します。
更にブート順序をExternal Mediaを一番上にします。 これらを保存してUSBを挿した状態で起動するとUSBからブートすることができます。
この時に稲妻マークのUSBポートだとうまくできないとかなんとか。

さて、ここで大事なポイントがありまして、ブートローダのオプションとして
一瞬の選択画面で"e"を押して、libata.force = noncqを追加してください。
これがないとSSDがエラーを起こしてすごく遅くなります。

起動後に縮小してできたあまりのエリアをgdiskで切り分けましょう。
gdiskはfdiskのGPT版らしいです。
そのあと、
% mkfs.ext4 /dev/sdaX のようにフォーマットに掛けます

Arch用のパーティションは/と/homeに分割します。
また、デュアルブートす…